緊急事態宣言後のわたしたち

緊急事態宣言が発令され、amoréttoは平日の営業を休業したり
指定業種になった際は全面的な休業要請に従ったり
たくさんのご協力をゲストの皆様へお願いしてきました。

宣言が解除になった後
amoréttoはどのように営業をしていくのか

現時点での私の考えを記します。

「amoréttoがamoréttoであるために」

amoréttoは働くメンバーも、訪れるゲストも
また門前町の懐かし商店街を歩くみなさまも
私たちの写真を形にしてくださる業者の皆さんも
関わってくださる全ての人が笑顔で幸せでなければならない
私はそう考えています。

現在のamoréttoのやり方を、基本的には崩しません。

しかし、何点か、大きく変化させる必要があったものもありますし
自然と変化していったこともあります。

*全社員の定期的な抗原検査を実施しています

今まで公にはお話ししていませんでしたが、社員を守るという観点から
私たちから広めないためにも
定期的なCOVID19の検査を行っています。
医療機関への負荷を考え、自ら検体を採取し、自ら検査キットにかける
そのような検査を行っています。
国からそのような指示はありませんが、これはamoréttoがamoréttoとして
何を大切にするか考えた上での企業判断です。

*衣装を全面的に毎週入れ替えています

使用した衣装は全て洗濯をし、乾燥機にかけています。
水洗いが難しいものやデリケートな衣類はクリーニングに出しています。
そのためたくさんの衣装を新たに買い足しました。
もしかすると「そのお洋服はお洗濯中です」と言うことがあるかも知れません。
そんな時も不足ない枚数をamoréttoのクローゼットにはご用意しています。
いつも新しい出会いがある、そう捉えてくださったら嬉しいです。

*より一層「ひとつのかぞく」に向き合います

不特定多数の方が同時にスタジオで過ごされないよう
お友達同士のご撮影や従姉妹同士のご撮影は
今までも二枠ご予約をお願いして参りましたが
今後もより一層のご協力おお願いして参ります。
amoréttoの単位は「ひとつのかぞく」
どうかみなさまのご協力をお願いいたします。


いざ文字にしてみると、
やっぱりいつもと変わらないですね。

私たちはいつも、やっぱり同じです。

大切にしたいのは、「ひとつのかぞく」と過ごす
「たった一回しかやってこない大切な時間」

また、たくさんのお願いをすることがあると思います。
その時は、

amoréttoだから仕方ないな


そう言って笑って許してください。

難しいことはできませんが
私たちはこれからも、精一杯の誠実で
街と、人に向き合って参ります。

いつもamoréttoを大切にしてくださる皆様へ
愛を込めて。

株式会社ラヴレターズ 代表取締役
photo studio amorétto
CEO Mari
@mari_amoretto